日本固有の車種

日本固有の車種

軽自動車のパワー戦争

日本固有の車種
軽自動車はボディ寸法や排気量などいろいろな制限のもとに造られていますがエンジンの能力を数値化したエンジンパワーというものもある意味制限されています。
これはボディサイズのような法律で制限されているものではなく、軽自動車を製造する自動車会社側が無駄な競争意識を持たないようにという意味で設けた自主規制というもので、軽自動車は最大で64psまでというようになっています。
普通自動車でもつい最近まで280psまでという自主規制のもとで車を作っていましたが、今ではその自主規制を撤廃し各メーカーとも300ps以上の車を製造しています。
軽自動車の場合はどうかというとそもそも生活必需品として扱われている軽自動車には今以上のハイパワーは必要ないということですのでしばらく変化はないでしょう。
それによって軽自動車のパワーのよる競争は起こることはありませんが過去にはこのようなハイパワー戦争のようなものが2度ほど起こった時期がありました。
一番最近のものでは、ほとんどの軽自動車がまだ64psのパワーを持ったエンジンを搭載していかった時代で、標準的なパワーとしては50ps前後だったのですが、軽自動車の爆発的な人気と若年層の軽自動車の保有率が上がったためにターボを付けたりDOHC化したりエンジン自体を高性能なものにしたりして売り上げを伸ばそうとする時代があったのです。

ハイパワー戦争の再来なるか

軽自動車という車種にも及んだハイパワー戦争は、起こるべくして起こったものだと思います。
なぜならば、今までの軽自動車のエンジンがとりあえずそれなりに走ればいいという程度であまりにも軽く扱われていたのです。
そこに若者への販売効果を高めようとする動きが入り、一番効果的なパワーアップというものがされるようになったのです。
今まであまり軽自動車用エンジンに新たな技術を投入してこなかったためにある意味低次元のものでしかなかった軽自動車のエンジンは、ちょっとした新しい機能や普通乗用車では当たり前になっていたDOHC化やマルチバルブ化、ターボやインタークーラーの追加で簡単にパワーアップさせることができ、どこのメーカーもこぞってハイパワー化を進めていました。
あまりにもハイパワー競争が激しかったために自主規制を設けたという形になりましたが、今はその逆で低燃費をうたわなければ車が売れない時代になったのでパワーダウンをしてまでも燃費を向上させたり、それに伴った燃費低減装備を付けたりするようになり、パワーの自主規制がなくても自然とそのパワー以下に収まっているというのが現状です。
しかし、エコカー補助金が終了した後では、またいつパワー戦争が起こるとも限らないのでこの自主規制の撤廃は無いでしょう。

車・バイク・機械・車種関連のハナシは、ネットならここを一度覗いて下さい♪

Copyright (C)2017日本固有の車種.All rights reserved.