日本固有の車種

日本固有の車種

Made in Japanカーについて

日本固有の車種
日本の自動車のなかには、他国にはない独自の文化を持った車種というものが存在します。
その代表的なのが軽自動車というものです。
現在の軽自動車の定義は、ボディサイズが全長3480mm以下、全幅1480mm以下、全高2000mm以下でなおかつエンジンの排気量が660cc以下、中に乗ることができる定員は4名以下とし荷物を積む量も350kg以下というもので日本にとっては古くからあるなじみ深い車ではありますが、諸外国では販売しておらず、仮に販売したとしても小さすぎて売れないことが分かっています。
元々軽自動車は、自動二輪やオート三輪から始まったもので今のような四輪車として造られるようになったのは1955年からで、現在も軽自動車の代表的な自動車メーカーとして存在するスズキの前身、鈴木自動車工業が発売した「スズライト」が軽自動車の元祖と言われています。
その後スバル360の登場により軽自動車という車の存在が広まっていき、一般庶民の足として、または生活の道具として使われるようになりました。
ですので、軽自動車はあくまでも自動二輪やオート三輪から生まれたものなのです。
基本的には普通自動車とは違う流れで生まれた軽自動車は、現在では一般の自動車として扱われるようになり、軽自動車だからといって違った目で見るようなことは無くなりましたが、普通自動車と大きく違う点は税金面です。

税制から生まれた車

軽自動車は、元をたどれば普通自動車とは違うところから出てきた車ですが、今ではそれを意識することなく扱われています。
しかし、それを税制面からみると普通自動車とは大きく違う点が見えてきます。
普通自動車と比べると2000ccクラスの車で年間39500円の自動車税となりますが、それが軽自動車ですと年間7200円と格段と安くなっているのです。
この点が日本の軽自動車の発展につながった一番大きなポイントで、狭い日本にジャストフィットのボディサイズも加えて独自の路線を進むことになったのです。
人によってはわずかなエンジン排気量の違いでしかないのに、税額の差が大きすぎると文句をつける方もいるようですが、よく考えてみれば、かたやオート三輪から派生した小型自動車と元から車として存在していた自動車を無理やり一つカテゴリーに押し込んで、普通自動車と言う車種と軽自動車という車種を作り上げたようなものですから無理があるのかもしれません。
しかし、ある意味、優遇税制の軽自動車は、大人気で特に昨今のエコブームや経済状態があまり良くない日本においては、車両価格も安い、税金も安い、燃費も良い、自動車保険も安いとなればだれもが飛びつくはずなのです。
このように日本オリジナルの車種として、また日本固有の車種として存在する軽自動車はまさしく、Made in Japanカーとしてふさわしい車ではないでしょうか。

車・バイク・機械・車種関連のハナシは、ネットならここを一度覗いて下さい♪

Copyright (C)2017日本固有の車種.All rights reserved.